更新: 2024年4月19日
名前: Vyaznikov Valeriy Vladimirovich
生年月日: 1963年11月24日
刑事事件の現状: 有罪 判決
ロシア連邦刑法の条項: 282.2 (2)
現在の制限: 執行猶予付き判決
: 2年6ヶ月の懲役刑と6ヶ月の自由の制限、懲役刑の刑罰は2年6ヶ月の試用期間で条件付きとみなされます

伝記

ルチェゴルスク出身のヴァレリー・ヴャズニコフは、人生のほとんどを鉱山の重労働に捧げました。今、彼は人々と聖書への愛のゆえに、法執行機関から迫害されています。

ヴァレリーは1963年、ハバロフスク地方のスレドヌイ・ウルガル村で生まれた。彼は大家族の中で育ちました。両親は毛皮農場で働いていた。子供の頃、ヴァレリーはホッケーが好きで、自然を愛し、森や川で多くの時間を過ごしました。学校を卒業した後、彼はフルタイムのハンターとして働き、後に鉱山で働きました。

1990年、ヴァレリーは将来の妻となるマリーナと出会い、後にルチェゴルスクに引っ越した。彼はルチェゴルスク炭鉱で働き、その後沿海地方発電所で働きました。

1993年、夫婦は聖書を学び始めました。彼らは聖書の預言の成就と明るい未来への希望に興味を持っていました。1994年、彼らはクリスチャンになりました。2000年、一家はチェグドミン村に引っ越した。

ヴャズニコフ夫妻には4人の子供がおり、そのうち2人は成人している。余暇には、家族は自然の中でキノコやベリーを摘んだり、友達と集まったりして楽しんでいます。ヴァレリーの親戚は彼の宗教的信念を共有していないが、彼の迫害は不当であると考えている。

ケース履歴

2018年9月、法執行官はルチェゴルスクからエホバの証人に対する捜索措置を開始しました。聖書に興味を持っているふりをした秘密工作員が、信者との会話を録音しました。2021年7月、調査委員会は、チェグドミン村のヴァレリー・ヴャズニコフが、聖書について他の人と話し合ったことを理由に過激主義の罪で告発された刑事事件を開始しました。2022年12月、事件は信者の居住地から1000キロ離れた裁判所に移送されました。彼はビデオ会議でほとんどの会議に参加することを許可されました。2023年11月7日、裁判所はヴァレリーに2年半の執行猶予付き判決を言い渡した。