更新: 2024年2月29日
名前: Kozak Yevgeniy Aleksandrovich
生年月日: 1994年4月22日
刑事事件の現状: 容疑者
ロシア連邦刑法の条項: 282.2 (2), 282.3 (1)

伝記

2019年2月11日、 スルグトで21人のエホバの証人に対する刑事事件が開かれました。地元の捜査局は、彼らの宗教が間違っていると信じています。容疑者の中にはエフゲニー・コザックもいた。この男について、私たちは何を知っていますか?

1994年スルグト生まれ。彼には2人の兄弟がいます。子供の頃は音楽とサッカーが好きだった。彼は、プログラマー・テクニシャンとピアニストという2つの専門分野で同時に中等職業教育を受けました。最近では、Webプログラマーとして働いていました。子供の頃と同様に、彼はサッカー、音楽、コンピューターが好きで、旅行が大好きです。

12歳の時、彼は深く反省する人でした。聖書を読んで、私たちの世界がいかに賢明に動いているかについて、よく考えるようになりました。彼は意識的にキリスト教に来ました。

2013年、エフゲニーはアナスタシアと結婚した。幸せな結婚生活の中で、彼らは娘と2人の息子の3人の子供に恵まれました。配偶者は、神への共通の信仰によって結ばれています。

家族の宗教観を共有していない妻側の親戚は、無辜のロシア市民に対する残忍な迫害に憤慨している。アナスタシアの健康問題は悪化した。

事件の簡単な歴史

2019年2月、拷問と殴打を伴うスルグトでの 一連の捜索 の後、エフゲニー・コザックは信仰を理由に刑事事件の被告となった。彼は過激派組織の活動に参加し、資金を提供したとして告発されました。その後、刑事事件の一環として、法執行官はエホバの証人の家でさらに数回の家宅捜索を行いました。2023年7月には、ワレンチナ・アレクセーエワとキリル・セヴェリンチクも、禁止されたコミュニティの活動への参加に関する条項に基づいて起訴され、ユーリーとロマン・ホリコフは、その活動を組織し、資金提供したとして告発されました。