更新: 2024年6月24日
名前: Kobotov Igor Sergeyevich
生年月日: 1973年9月19日
刑事事件の現状: 有罪判決を受けた人
ロシア連邦刑法の条項: 282.2 (1), 282.3 (1)
現在の制限: レコグニザンス・アグリーメント
: 懲役6年4ヶ月の刑罰、3年間の公的機関の活動の指導的活動および参加に関連する活動に従事する権利の剥奪、1年間の自由の制限、懲役刑の形での処罰は、3年6ヶ月の試用期間で条件付きと見なされるものとします

伝記

2019年2月15日、スルグトとハンティ・マンシ自治管区のいくつかの都市で、 信者に対する最大かつ最も残忍な作戦の1つ が行われました。7人が 拷問を受け、3人が未決拘禁センターに送られ(うち2人は56日間刑務所で過ごした)、刑事事件の被告人は総数20人を超えた。その一人がイーゴリ・コボトフです。私たちは彼について何を知っていますか?

イゴールは1973年にクラスノダール地方のアプシェロンスク市で生まれました。わずか6歳の時に両親が離婚したが、明るい性格を保っていた。彼はサッカー、釣り、サイクリングが好きで、管楽器(サックス)のクラスで音楽学校を卒業しました。

2年間兵役に就き、故郷に戻った後、イゴールは経済危機に直面し、スルグトに働きに行くことを余儀なくされました。そこで彼はさまざまな石油会社で一生懸命働き、追加の教育を受けました。現在、トランスネフチに勤務。

イゴールは23歳のとき、生命がどのように、そしてなぜ創造されたのかについて考え始めました。彼の答えの探求は彼を聖書に導き、そこで彼の答えへの渇きはついに癒されました。イゴールはキリスト教の基準に従って生きることを決意しました。

2005年にジュリアと結婚し、14年間幸せな結婚生活を送っています。2011年、イェゴールは彼らの家族に生まれました。イゴールは息子の模範となるためにあらゆることをしています。例えば、命の価値を悟った彼は、オートバイスポーツへの危険な情熱を捨て、革製品の製造、骨の彫刻、ワイン造り、絵画を始めました。家族は特に家具作りへの彼の情熱を高く評価しました-コボトフの家のすべての家具は彼ら自身の手で作られています。家族全員が自然の中での共同サイクリング、田舎旅行、ピクニックが大好きです。

親戚たちは非常に心配しており、イゴールのようなまともな家庭人であり、法を順守する市民を過激主義者として非難することがどうして可能なのか、心から理解していません。

ケース履歴

2019年2月、調査委員会はスルグト出身の男性18人と女性1人(その中にはエホバの証人と間違えられた男性もいた)を刑事事件として起訴した。家宅捜索が行われた。尋問中、7人の信者が暴力を受けた。アルトゥール・セヴェリンチクは29日間、エフゲニー・フェディンとセルゲイ・ロジノフは56日間、公判前拘禁施設に送られた。ティモフェイ・ジューコフは14日間、精神病院に不法に収容された。信者らは拷問の使用について調査委員会、欧州人権委員会、人権委員会に苦情を申し立て、人権擁護活動家が参加する記者会見が開かれたが、治安部隊は誰も裁判にかけられなかった。2021年10月、事件資料が裁判所に提出されました。検察官は、被告に3年3ヶ月から8.5年の懲役刑を求刑し、ロジノフには9.5年の懲役を求刑したが、これは現代ロシアにおけるエホバ神を信じたことに対する最も厳しい刑罰である。