更新: 2024年2月23日
名前: Ignatov Dmitriy Vladimirovich
生年月日: 1997年1月15日
刑事事件の現状: 被告人
ロシア連邦刑法の条項: 282.2 (2)
現在の制限: 出頭の義務

伝記

ドミトリー・イグナトフと妻のダリヤの結婚生活の最初の数ヶ月は、治安部隊による突然の自宅侵入によって影を落とした。一家の長は、その信仰ゆえに過激主義の疑いをかけられた。

1997年1月オリョール生まれ。3人兄弟のうち、長男で、兄と妹がいる。彼らのお母さんとお父さんは、長年建設現場で働いていました。

子供の頃からスポーツが大好きで、ローラースケート、スケート、自転車、スキー、サッカーをしていました。釣りも好きだった。

放課後、青年はすぐに建設現場に就職し、その後ローダーとして働き始めました。平和を愛する彼の見解のために、ドミトリーは兵役の代わりに代替の文民奉仕を行う権利を行使しました。

ドミトリーは若い頃に聖書の教えに興味を持ちました。彼はまた、平和で有意義な人生を送っていたので、聖書の基準に従って生きる人々が好きでした。2017年、青年はクリスチャンの道を歩むことを決意しました。

2020年、ドミトリーは友人の会社で出会ったダリヤと結婚しました。彼女はすべてにおいて夫をサポートし、彼の人生観を共有しています。夫婦は一緒に旅行したり、自然の中でリラックスしたり、釣りに出かけたりするのが大好きです。ドミトリーは革製品を作るのも好きで、今でもサッカーを楽しんでいます。

迫害は夫婦の生活に悪影響を及ぼし、困難に拍車をかけました。ドミトリーは「最初の1年は感情的に楽ではありませんでした。家宅捜索の直後、私たちは借家から退去するように言われ、2ヶ月間村に住まなければなりませんでした」新しいコンディションでは、彼らは苦労しました。さらに、この経験はダリヤの健康にも影響を与えました。

親戚や友人はドミトリーのことを心配しています。彼の母親は息子の宗教観を共有していませんが、なぜこの平和を愛する男性が迫害されているのか理解していません。